So-net無料ブログ作成

旅立ち [母の闘病記]

昨日の午前中は、話をしていましたが、朝から目はあまり開いていませんでした。看護師さんに「目を開けて」と言われて、「目を開けない」と言いました。「あら 開けてくれないの」と看護師さん。着替えが終わって、眠りについてから目を開くことはありませんでした。

夜にお茶碗を洗いながら、母を見ていました。一瞬、息が止まったように見えましたが、呼吸をしていたの安心していました。少ししてまた見たら、「?」呼吸をしていない。急いで母の側へ行きました。「お母さん」と何回か呼んでも息をしないので、急いで先生に電話をしました。看護師さんにも連絡をして欲しいと先生に言われて、すぐに電話をしました。

看護師さんが来てくれて、確認をしてくれて心肺停止という事で先生に連絡をしてくれました。先生から許可をもらって、看護師さんが体を拭いたり、着替えをしてくれたりしました。先生が到着して、確認をしてくれて、9時45分臨終です。

苦しみ事もなく、穏やかに旅立ちました。表情も笑っているようで、良かったと思っています。父がいると母が言ったとき、お迎えに来ているなと思っていて、一昨日も看護師さんにお父さんがいると言ったそうです。父が迎えに来てくれたみたいなので安心です。

葬儀は少し先になりますが、年内には終わります。お正月は仕事が、かなり忙しいので、きっと母はそれを思って旅立ったのかな。

家で看取ることが出来たのは、先生、看護師さん、ケアマネージャーさん、ヘルパーさん達のお陰です。本当に本当に感謝です。

「あいよー」 何かをするときに母に洗濯してくるね、買い物に行ってくるねと言うと「あいよー」と元気に返事をしていました。
「ありがとう」 何かをしてあげると必ず言うようになりました。「何故、必ず言うの?」と聞くと「感謝の気持ちを持たなくちゃ」と言いました。

「あいよー」「ありがとう」 この言葉と声は忘れる事はないと思います。
「ありがとう お母さん」
nice!(0)  コメント(2) 

スイカ [母の闘病記]

15-12-23.jpg11月30日と12月1日の2日間、40度の熱を出した母。その後はかなり弱ってしまって寝たきりになりました。それでも着替えなどのときは、協力をして体を動かして、ヘルパーさんも助かると言っていました。しかし紙おむつ交換のとき、毎朝4時か5時に私が交換をしていたのですが、5時の交換の時は仕事があるので時間がなく、腰が痛いのもあって、つい時間がないと言ってしまっていたので、母はその後は私には交換させません。休みだから時間はあると言っても、ヘルパーさんにやってもらうようになりました。でもそのお陰で、腰が大分良くなりました。喜んで良いのか分かりません。

声を出すようになって、痛いの?と聞くと「痛くない、気分が悪い」と言う様になりました。一日中しゃべっている感じで、夜は特に話し声が大きくなり、いつまでの話をしています。最初は言葉が分かりましたが、だんだん何を言っているのか分からなくなりました。それで一生懸命に話をしていました。そして「ちゃんと食べろよ」とハッキリ私に言い、それ以後は言葉が分からなくなりました。自分の食べる事には、お粗末になる事を知っている母は、心配で言ってくれたんですね。

幻覚を見るようになって、虫がいるとか、高い所から水が流れている、こっちへ水が来ないかと心配して、大丈夫来ないよと言ったら、安心をしていました。一番多かったのは、誰かがいるでした。

最後にスイカが食べたいと言ったので、ネット探して高知県から取り寄せましたが、昨日着いたら食べられたが、今日の夕方に着きました。今朝は少し話をして、午前中には看護師さんの問いかけに答えていたのに、それからは眠りの状態になってしまいました。昨夜は「スイカが楽しみ」と言っていたのに…。口腔用の小さい柄のついたスポンジに汁を含ませたら、噛んだので少しは飲めたと思います。気休めと思うが、スイカを口に出来たので良かったと思います。

あとわずかな時間、少しでも話し掛けたいと思う。
どれくらい一緒にいられるのかな?
nice!(0)  コメント(0)